きたかみE&Beエフエムの新型コロナウイルス感染症に対する取り組み

皆さんもご存知のとおり、新型コロナウイルス感染症は誰もが感染するリスク・誰でも感染させるリスクがあります。

私たちが住む岩手県では、「岩手緊急事態宣言」が発令されています(令和4年1月23日現在)。この宣言は、混雑した場所や感染リスクの高い場所への外出を自粛し、基本的な感染対策を徹底することを目的に岩手県が発令したものです。

岩手緊急事態宣言(一部抜粋)

感染が拡大している地域(緊急事態措置区域及びまん延防止等重点措置区域)への不要不急の移動は、極力控えるようお願いします。緊急事態措置区域及びまん延防止等重点措置区域以外の地域であっても、感染が拡大している地域との往来は、改めてその必要性を十分に検討し、慎重な判断をお願いします。移動先の感染状況や、都道府県の要請内容を確認し、慎重な行動をお願いします。
家庭や職場を含むすべての場における基本的な感染対策の再徹底をお願いします。
職場の同僚や友人など親しい間柄であっても、感染対策の徹底をお願いします。
特に重症化リスクの高い方(高齢者、基礎疾患のある方)等や、幼稚園・保育園・小学校に通う子どもの同居家族の方は一層の注意をお願いします。

きたかみE&BeエフエムはコミュニティFMとしての使命を考慮し、可能な限り放送を継続し維持していきますが、番組出演者と制作に従事するスタッフの安全確保のため、次のような取り組みを行っています。

①来局する前の検温と体調報告、手指消毒を行っています。
②放送業務に従事する関係者以外のスタジオへの入室を原則禁止しています。
③生放送番組は、必要最小限の人数で番組制作を行っています。
④局舎内(スタジオ・事務所)の換気を行い、適宜消毒を行っています。
⑤スタジオに来局してのゲスト出演(生放送・収録放送)を見合わせ、電話出演などに切り替えています。

新型コロナウイルス感染症対策として、上記の取り組みを行っていますが、⑤ゲスト出演については、岩手緊急事態宣言の解除指標である「岩手県内の直近1週間あたりの新規感染者数(対人口10万人)が10人を下回った場合」または「新規感染者数の減少傾向が2週間程度継続した場合」の対応とします。

最後に、感染された方々やその家族などに対する差別、偏見、誹謗中傷は決して許されません。相手を思いやる気持ちを持ち、冷静に行動しましょう。

きたかみE&Beエフエムでは、感染症対策を行いながら、通常の放送を維持してまいりますが、新型コロナウイルス感染症による感染状況は刻々と変化します。状況に合わせた対応をこれからも行っていきます。